2012年7月24日火曜日

モモタスのパブロフの犬

スフィンクスなうさぎ、ミニレッキス
スフィンクスなモモタス

モモタスのご機嫌を損ねずケージに入ってもらう。
最初はこれが大変でした。

一度ケージから出ると、戻ったら最後、出れなくなるのでは!?(;゜д゜)
みたいな気持ちだったのか、全然近寄らず、外トイレが無かったので粗相しまくり。
(オスなのでマーキングもあるかも)

なので、ケージに入るといいことがある!(゜∀゜)と理解してもらう為に、
ゴハンの時と夜寝るときに、ちょこっと工夫しました。

餌を食べるうさぎ、ミニレッキス
ムッシャー

まずゴハンは、場所はケージの中と決めて、
モモタスがケージに入ってからゴハンを入れることに。

できれば言葉で覚えて欲しいので、飼い主「ゴハーン」を連呼。
もちろん最初は全く分かってもらえないので、
食器を見せたり、少しカリカリの匂いをかがせたりして、
近づいてきたら、おしりをポフポフ、ケージの床をトントンなどで誘導。
ケージに入るとゴハンをもらえる、と覚えてもらうことに。

最近は部屋んぽしていても「ゴハーン」を聞くと

 ∩∩
( ゜ω゜)!!

って顔になります。
音声解析処理スピードが遅いのか、そのまま10秒くらい固まっているけど、
ハッ!としてダッシュでケージに戻ってきますw


寝るときは結構大変で、それまで活発に遊んでいる時なんかは特に、
全然言うことを聞いてくれませんでした。
なので、モモタスの大好きな「ラクトバイト」で釣ることに。

うさぎとラクトバイト、ミニレッキス
寝ぼけているからバレてない

「お休みー」を連呼しながらラクトバイトをちらつかせ、おびき寄せます。
ケージに入ったら入り口封鎖。そしてご褒美、を毎日繰り返しました。
基本的にこの時にしかあげていないのでモモタスも必死。
ゴハンよりも覚えるのが早かったです。

でもこれはたくさんはあげられないので、美味しい時間はすぐに終了。
最初の頃は(# `ω´)もっとくれー!と言わんばかりにケージをガジガジ。
なので、途中からは「ブロッコリーの葉」を追加投入。
モモタスが食べるのに夢中な間に飼い主は電気を消して寝室へ退避。
なんか、激しい反抗期の子供がいる家で怯えながら暮しているような気分でした(´ω`)

それも半月ほどで落ち着いてくれて、
最近は「お休みー」と聞くとケージの中で鼻をプヒプヒ鳴らしてご褒美を待ち、
食べた後はすぐにゴロンとしています。

ぴやっとストーンの上で寝転がるうさぎ、ミニレッキス
ぴやっとストーンにゴロン

ちなみに「ラクトバイト」はオヤツではなくて、小動物用の栄養補助食品です。
乳酸菌やビタミンなどが含まれたペースト状のものです。
モモタスはショップにいるころから貰っていて、これが大好き。
舐めている時はマッサージでも見せない至福の顔になっていますw

お店の方もしつけのご褒美のように使っていらっしゃって、
他のうさぎさんもみんな大好きみたいでした。
きっと万兎受けするお味なのかと。オススメです(`・ω・´)b
ポチっとして頂けるとうれしいです。
にほんブログ村 うさぎブログ レッキス・ミニレッキスへ